スタッフブログ

2018/08/31

『猛暑日』

気象庁は10年ほど前に、最高気温が35度を超える日を『猛暑日』と命名、付加しました。それまでは、30度以上を『真夏日』と表していたが、不測の事態となったのでしょう。今年は各地で40度以上が観測されています。次なる『○○日』を設定しなければならない気象庁も大変!と余計な心配をしている橋本です。

  我々の舞台である工事現場でも大変な事になっており、屋根の上やアスファルトの上では70度近くになっています。また、建物周りの足場材は金属製ですので、日当たりのいいところでは、火傷するほど表面温度が上がります。過酷極まりない所で作業をしてもらっている職人さんには、頭が下がります。そんな中、普及しつつあるのが空調作業服で、服にファンが二つ仕込まれ、バッテリー式。ファンで外気を取り入れ、体の表面に大量の風を流し熱を逃す仕組みになっており、涼しく快適だそうです。
 
  建設業界では様々な熱対策工事が進められています。アスファルトは遮熱性舗装に保水性舗装。ドライミストシャワーの歩道。ヒートアイランド現象緩和のため、ビルなどの屋上庭園(緑化)や窓の日射遮蔽フィルム。屋根や外壁に高反射率遮熱塗料。断熱性を駆使した製品も数々あります。これらを導入するかどうかは、費用対効果に左右されますね。

 家庭で取り入れやすい方法として、まずは昔ながらの打ち水。表面温度が10度ほど下がるそうです。また、エアコン運転の工夫。室内に熱がこもっているときは、まず風を通し熱気を逃がしてからエアコンをつけるといいそうです。窓が一方にしかなく風通しが悪いときは扇風機を活用しましょう。通常運転時でも扇風機で室内の空気を循環させると、体感温度も下がります。見落としがちな室外機は上部に反射板を置いたり、水をかけてやると冷房効果と節電に繋がるそうですよ。

   一年の半分が夏!といってもおかしくない状況です。ニュースの異常気象報道も毎年の事になり異常ではなくなってきました。この原稿を書いているのが8月初旬、皆さんのお手元に届くのが9月の初旬、「初秋」にと贅沢は言いません。「猛暑日」ではなく「快適日」であってほしいものです。(笑)
                               橋本 良一


2018/08/02

日本の文化 ~規律・秩序・忍耐~

この度の西日本豪雨により被災された皆様ならびに
          そのご家族の皆様に心よりお見舞い申し上げます。



 お盆になれば、仏壇やお墓を掃除して先祖を迎えます。年末には大掃除をして新年を迎えます。子供の頃から常に掃除をするように言われたものです。
迎えているものは、結局、自分にまっすぐな気持ちなのかもしれないと気づいた橋本です。
 
 皆様、大変お疲れ様でした!とうとう終わってしまいましたね。ワールドカップロシア大会。日本代表も見事、決勝リーグへ進出。惜しくも、ホント惜しくも赤い悪魔と称されるベルギーに敗退。今回の日本の躍進には、世界も驚いたことでしょう。個人技だけではない、秩序正しいチームプレーは、今後のサッカースタイルの主流になると言う人もいます。

   プレーだけでなく驚かせたことは、日本のサポーターが試合後、観客席の掃除を行なったこと。それは、熱戦を繰り広げてくれた選手や関係者への感謝の気持ちなのでしょう。この行動は他の国にも拡がったとか。そして、極めつけは、スタッフや選手が使用したスタジアムのロッカー室を見事に掃除して去ったこと。ロシア語で「ありがとう」のメッセージまで残したことは、日本代表がこの大会へ真摯に臨んできた姿勢そのものだと思います。

「規律・秩序・忍耐」といった言葉が、今では薄らぎつつある日本。今回のワールドカップでその大切さを再確認したのは、海外メディアだけではなく、私達国民ではないでしょうか。外国人が日本を旅して感心することは、街が綺麗で清潔であること、治安が行き届いていること、他人に親切な国民性であること、交通機関の時間が正確で人々が秩序正しいことなど。この外国人の見解に胸を張りたくなる気持ちになったのは私だけではないと思います。

  自分自身の心を清め、周りに敬意を払うといった意味を込めた清掃文化が、日本人の伝統的な精神の中に根付いているのでしょう。今一度、私も背筋を伸ばし自国の一員として毎日をプレーしていきたいものです。ガラスの腰に気をつけながら・・・(笑)
                               橋本 良一

2018/07/03

近代建築の旋風 フランク・ロイド・ライト

私の今のお気に入りは、「半分、青い。」そう、NHKの朝ドラです。1980年代再来の演出で、街並みの再現は勿論のこと、ボディコンなど流行の要素が巧みに組み込まれています。友情、親子愛、家族愛、郷土愛が垣間見える展開の人情的な中にもコミカルなところが織り込まれ、毎日の進展が楽しみでたまりません。ヒロイン鈴愛(すずめ)の「どんな環境でも常に前向きに生きる」その姿には、勇気をもらいます。
 
 ヒロインの師・漫画家の秋風先生のキャラと共に、仕事場のデザインがとても上手で、細部にわたり作り込まれているなと見入っています。先生のデスクの右側にあるスタンド、木製のタワー状になった素敵なデザインの照明器具が目に留まったでしょうか? 20世紀・近代建築の巨匠「米国の建築家 フランク・ロイド・ライト」がデザインしたものです。皆さんも一度は耳にされたと思うライト。日本では帝国ホテル(明治村に移築)や芦屋市のヨドコウ迎賓館(山邑邸)、西宮市の甲子園会館(旧甲子園ホテル)など身近な所にもあり、今なお、私達はライトの世界に足を踏み入れることができます。

 中でも帝国ホテルは、1919年に着工すると、タイルから調度品の木材まで全てをライトが監理したといわれています。当時日本では、スクラッチタイルやテラコッタ、クリンカータイルなどをほとんど作っていなかったので、新たに「帝国ホテル煉瓦製作所」(INAX社の前身)を創り施工に当たったと聞きます。
またライトは、日本の文化に興味があり、浮世絵のコレクターでもあったそうです。大地や自然と融合する建築を目指したライトと自然との繋がりを大切にする日本の建築的思考は近いものがあったのかもしれません。アメリカ以外でライトの建築物があるのは日本とカナダだけということもうなづけるというものですね。
 1867~1959年の92年の生涯、近代建築の新しい風を
吹き込んでくれたライト。秋風先生も当時の漫画界の旋風。
ライトと同じくして、ライトだけにライトで表現なさって
いるのでは???、「やるね~プロデューサー!!!」と、
一人妄想する橋本です。

                   橋本 良一

2018/06/01

“音”の問題

   第7回を迎えましたHASI HAUSのMarktは、あいにくの雨模様でしたが、お陰様で盛況の内に終えることが出来ました。多くのご来場の方々、そして各地からお集まりいただきました人気の出店者の皆様。そして、協力業者の皆さん、弊社スタッフ。皆さんのお力添えに心より御礼申し上げます。

  先日、ある学校より防音についてご相談がありました。室内で話している内容が、廊下まで聞こえ困っているとのことでした。建築業界には、防音専門の業者さんもあります。コンサートホールから自宅のピアノ室に至るまで、専門的かつ総合的に施工する業者さんです。
音は、空気音や固体音、高音や低音など突き詰めると複雑に絡み合っているので、全方位に向け防音するには相当の技術が必要で工事費用も高額になってしまいます。学校の限られた予算の中で、費用対効果を考え、音対策に悩みまくっている橋本です。

 音というのは厄介なときもあり、マンション住まいでは、音トラブルをよく聞きます。上階の子供のドタバタ音、お隣から聞こえる楽器音、防音機能の低い場所では、会話や排水音、ドアの開閉音までも筒抜けの所があります。また、昼夜を問わない生活スタイルの多様化の中、こうした音問題は、人間関係までも損ないかねません。

 戸建て住宅においても、隣家と壁一枚ということはないですが、道路からの車音、鉄道や踏み切り音、外部から聞こえてくる様々な音は困り者です。これらを極力排除する為に、弊社では使用部材の選定にこだわり、開口部(サッシ)を工夫すること、隙間風を感じない気密性の高い家にすることで、外部からの雑音を抑えることが可能となりました。雨の音も気づかなくて、洗濯物の取り入れが遅くなってしまった・・・なんてお言葉を頂くこともあります。
また、家の中の音が、外に漏れにくいのもいいことですね。子供の鍵盤ハーモニカやリコーダーのたどたどしい練習も、思いっきりさせてやれますよ。(笑)
                                         橋本 良一

2018/05/01

FOR FRESHER

この4月、新しく女性建築士が入社し、私にとってとてもうれしい春となりました。
元気で素直で明るい!全てがフレッシュです。若いとはとてもいいことで、緊張の中でも前向きに取り組む姿は、他のスタッフにも好影響をもたらせてくれます。早く会社に慣れ、仕事を覚えてもらうべく、各部署のスタッフと新人研修をしていますが、その中でもお互いが学び合うことがあると思います。仕事を通して、お客様や周りの人に喜んでいただける社会人になれるよう、楽しく励みながら研鑽を積んで欲しいものです。
 私も、かれこれ37年前、諸先輩から叱咤も合わせ、教えを受けたことを思い出します。その人に直接お返しする事が出来なくとも、次なる人に向かうことで、人のつながりは、上手く流れていくものだとつくづく感じている橋本です。

   追伸。50年近く続いている弊社での献血活動。今年は5月18日金曜日(AM10:00~12:00、PM13:00~15:30)に実施します。毎年多くの方のご協力の下、赤十字、しいては、輸血を必要とされている方に喜んでいただいています。これも意義のある貢献と、今後も取り組んでまいりますので
宜しくお願い申し上げます。

     
                                 橋本 良一
                                                             

RECENT ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RSS

お電話でのお問い合わせはこちら Tel.0773-27-1505

スタッフブログ&アトリエ教室

スタッフブログ

弊社へのお客様の声

私たちは、お客様からいただいた全てのお声を大切にします。

  • お客様の声

ページの先頭へ戻る