スタッフブログ

2018/10/29

「備えあれば憂いなし!」

今年の台風は発生数が多く、日本各地で大きな被害に見舞われました。
被害に遭われた方々に心よりお見舞い申し上げます。

 台風被害の原因は、強風と大雨の2つに大別できます。福知山市では、台風被害といえば水災を連想しがちですが、今年の台風をみると強風被害も大きく報道され、今後は双方の心配が必要となりそうです。

 強風対策としては、外壁や屋根、物置などが外れたり、朽ちたりしている所が無いかを確認し、適所に補強や処置を行なえば安心。家の回りの植木や自転車なども片付けることで近隣や通行人への被害を食い止めることになりますね。
 ところで、屋根が飛ぶなんて・・・。と思われる方も多いのではないでしょうか?
最も多い原因は屋根の劣化に気づかなかった、というものだそうです。屋根は、1年365日、外気にさらされ雨風の影響を常に受けています。わが家の損傷だけでなく、近隣の方に迷惑をかけないためにも、屋根材の「ズレ、ヒビ、変色、コケ」などのチェックが必要です。1枚でも屋根材が飛んでしまうと、他の屋根材、下地材等にも影響を与えてしまいます。
 
 雨対策は、情報収集を確実に行い安全を確保することは勿論、普段から、家の廻りの状況も観察しておく必要があります。崖や山沿いの場所では、「小石がぱらぱら落ちてくる」「雨が降り続いているのに川の水位が下がる」「地鳴り・山鳴り」「堤防からの漏水」といった、前兆にも気を配る必要があるようです。
一方、水害を食い止めるために、敷地や建物に水が入り込まないようにする止水グッズも種類が豊富になってきました。一度ネットで検索を!
 
 「備えあれば憂いなし!」
もうそこまで冬が来ています。大雪対策のため屋根が気になる方は、ご相談ください。
                             橋本 良一


2018/10/04

“お年頃”

  私も、お年頃になったものだと痛感いたします。人生において大きな節目は何度か訪れます。この世に生を受け、手を引かれながら育つ幼年期、自分形成に励む少年期、社会人として自立と責任を担い始める青年期、社会の一員として活躍する壮年期、熟した経験を人に伝える中年期、人生を充実したものに仕上げる高齢期。その時々、自分なりに精一杯であっても、振り返ってみて初めて気づくことが多いのが、人生に思えます。溯ることができる歴史(時間)が長くなってきた橋本です。

  その歴史の中で、一瞬にして遠い昔に降り立つ事ができる魅惑のひととき、時空間を旅できる同窓会を開催いたしました。なんと当学年初、高校卒業以来42年ぶりの開催でした。残っている面影をたどると自然に高校時代に戻り、当時のことが昨日のことのように蘇る。同級生って不思議ですよね!還暦を迎えたオッチャン・オバチャンが○○君・○○ちゃんと呼び合って、いろんな話の花を咲かせるのですから。相手の履歴に多く触れ無くとも、それぞれの42年の人生を認め合い、心地よい空気が流れる会場になっていました。本当に楽しく、意味深い、還暦同窓会でした。

 60歳となると、色々な決断ごとも増えてきます。仕事はといえば、(定年)退職を今するのか、もっと延ばすのか。はたまた新たに起業するのか、迷いどころ。老いた親と今後どのように向き合うのか、自分の終の棲家はどこにするのか。身の回りの整理も気になり始める頃ですね。都会で築き上げたコミュニティーでの生活がありながら、田舎を知らないパートナーに今更、田舎暮らしを強要できない環境の人も多く、週末婚を余儀なくされている話も耳にします。
 最近増えてきた相談は、実家の空き家管理や田畑・山をどうするのか。「先祖が守ってきた土地を自分の代で…」といろいろな葛藤の中で、酷な判断を迫られることもあるでしょう。ほんと、この世での悩みは尽きませんね。

                           橋本 良一

2018/08/31

『猛暑日』

気象庁は10年ほど前に、最高気温が35度を超える日を『猛暑日』と命名、付加しました。それまでは、30度以上を『真夏日』と表していたが、不測の事態となったのでしょう。今年は各地で40度以上が観測されています。次なる『○○日』を設定しなければならない気象庁も大変!と余計な心配をしている橋本です。

  我々の舞台である工事現場でも大変な事になっており、屋根の上やアスファルトの上では70度近くになっています。また、建物周りの足場材は金属製ですので、日当たりのいいところでは、火傷するほど表面温度が上がります。過酷極まりない所で作業をしてもらっている職人さんには、頭が下がります。そんな中、普及しつつあるのが空調作業服で、服にファンが二つ仕込まれ、バッテリー式。ファンで外気を取り入れ、体の表面に大量の風を流し熱を逃す仕組みになっており、涼しく快適だそうです。
 
  建設業界では様々な熱対策工事が進められています。アスファルトは遮熱性舗装に保水性舗装。ドライミストシャワーの歩道。ヒートアイランド現象緩和のため、ビルなどの屋上庭園(緑化)や窓の日射遮蔽フィルム。屋根や外壁に高反射率遮熱塗料。断熱性を駆使した製品も数々あります。これらを導入するかどうかは、費用対効果に左右されますね。

 家庭で取り入れやすい方法として、まずは昔ながらの打ち水。表面温度が10度ほど下がるそうです。また、エアコン運転の工夫。室内に熱がこもっているときは、まず風を通し熱気を逃がしてからエアコンをつけるといいそうです。窓が一方にしかなく風通しが悪いときは扇風機を活用しましょう。通常運転時でも扇風機で室内の空気を循環させると、体感温度も下がります。見落としがちな室外機は上部に反射板を置いたり、水をかけてやると冷房効果と節電に繋がるそうですよ。

   一年の半分が夏!といってもおかしくない状況です。ニュースの異常気象報道も毎年の事になり異常ではなくなってきました。この原稿を書いているのが8月初旬、皆さんのお手元に届くのが9月の初旬、「初秋」にと贅沢は言いません。「猛暑日」ではなく「快適日」であってほしいものです。(笑)
                               橋本 良一


2018/08/02

日本の文化 ~規律・秩序・忍耐~

この度の西日本豪雨により被災された皆様ならびに
          そのご家族の皆様に心よりお見舞い申し上げます。



 お盆になれば、仏壇やお墓を掃除して先祖を迎えます。年末には大掃除をして新年を迎えます。子供の頃から常に掃除をするように言われたものです。
迎えているものは、結局、自分にまっすぐな気持ちなのかもしれないと気づいた橋本です。
 
 皆様、大変お疲れ様でした!とうとう終わってしまいましたね。ワールドカップロシア大会。日本代表も見事、決勝リーグへ進出。惜しくも、ホント惜しくも赤い悪魔と称されるベルギーに敗退。今回の日本の躍進には、世界も驚いたことでしょう。個人技だけではない、秩序正しいチームプレーは、今後のサッカースタイルの主流になると言う人もいます。

   プレーだけでなく驚かせたことは、日本のサポーターが試合後、観客席の掃除を行なったこと。それは、熱戦を繰り広げてくれた選手や関係者への感謝の気持ちなのでしょう。この行動は他の国にも拡がったとか。そして、極めつけは、スタッフや選手が使用したスタジアムのロッカー室を見事に掃除して去ったこと。ロシア語で「ありがとう」のメッセージまで残したことは、日本代表がこの大会へ真摯に臨んできた姿勢そのものだと思います。

「規律・秩序・忍耐」といった言葉が、今では薄らぎつつある日本。今回のワールドカップでその大切さを再確認したのは、海外メディアだけではなく、私達国民ではないでしょうか。外国人が日本を旅して感心することは、街が綺麗で清潔であること、治安が行き届いていること、他人に親切な国民性であること、交通機関の時間が正確で人々が秩序正しいことなど。この外国人の見解に胸を張りたくなる気持ちになったのは私だけではないと思います。

  自分自身の心を清め、周りに敬意を払うといった意味を込めた清掃文化が、日本人の伝統的な精神の中に根付いているのでしょう。今一度、私も背筋を伸ばし自国の一員として毎日をプレーしていきたいものです。ガラスの腰に気をつけながら・・・(笑)
                               橋本 良一

2018/07/03

近代建築の旋風 フランク・ロイド・ライト

私の今のお気に入りは、「半分、青い。」そう、NHKの朝ドラです。1980年代再来の演出で、街並みの再現は勿論のこと、ボディコンなど流行の要素が巧みに組み込まれています。友情、親子愛、家族愛、郷土愛が垣間見える展開の人情的な中にもコミカルなところが織り込まれ、毎日の進展が楽しみでたまりません。ヒロイン鈴愛(すずめ)の「どんな環境でも常に前向きに生きる」その姿には、勇気をもらいます。
 
 ヒロインの師・漫画家の秋風先生のキャラと共に、仕事場のデザインがとても上手で、細部にわたり作り込まれているなと見入っています。先生のデスクの右側にあるスタンド、木製のタワー状になった素敵なデザインの照明器具が目に留まったでしょうか? 20世紀・近代建築の巨匠「米国の建築家 フランク・ロイド・ライト」がデザインしたものです。皆さんも一度は耳にされたと思うライト。日本では帝国ホテル(明治村に移築)や芦屋市のヨドコウ迎賓館(山邑邸)、西宮市の甲子園会館(旧甲子園ホテル)など身近な所にもあり、今なお、私達はライトの世界に足を踏み入れることができます。

 中でも帝国ホテルは、1919年に着工すると、タイルから調度品の木材まで全てをライトが監理したといわれています。当時日本では、スクラッチタイルやテラコッタ、クリンカータイルなどをほとんど作っていなかったので、新たに「帝国ホテル煉瓦製作所」(INAX社の前身)を創り施工に当たったと聞きます。
またライトは、日本の文化に興味があり、浮世絵のコレクターでもあったそうです。大地や自然と融合する建築を目指したライトと自然との繋がりを大切にする日本の建築的思考は近いものがあったのかもしれません。アメリカ以外でライトの建築物があるのは日本とカナダだけということもうなづけるというものですね。
 1867~1959年の92年の生涯、近代建築の新しい風を
吹き込んでくれたライト。秋風先生も当時の漫画界の旋風。
ライトと同じくして、ライトだけにライトで表現なさって
いるのでは???、「やるね~プロデューサー!!!」と、
一人妄想する橋本です。

                   橋本 良一

RECENT ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RSS

お電話でのお問い合わせはこちら Tel.0773-27-1505

スタッフブログ&アトリエ教室

スタッフブログ

弊社へのお客様の声

私たちは、お客様からいただいた全てのお声を大切にします。

  • お客様の声

ページの先頭へ戻る